どんな理由で介護職を選んだの?

介護職は面白い!

介護職の面白さを追求して働き続けた私が、余すところなく介護の面白い部分を紹介させていただきます!介護職を目指す人も、現在働いている人も、長く楽しんで働ける手助けになれば嬉しいです。

介護の仕事を選んだ理由はコレ!

介護の仕事を選んだ理由はコレ!

Pocket
LINEで送る

この仕事を選んだ理由

介護の仕事を選んだ理由は、どこが面白そうだと感じたのか?と言い換えるとことができますよね。ということで、ここでは介護の仕事を選んだ理由について紹介していきますので、介護職の面白そうだと感じるところをみていきましょう。

介護の知識と技能が身につく

介護職の仕事を通して身体介護術や介助に関するテクニックが自然と身についていきます。これは現在の社会に求められているテクニックともいえるので、需要の高い技術を身につけることができます。手に職を身につけるために需要の高い介護職の仕事に就いたという人は多いです。もしも自分の家族が介護を必要とした時も、慌てることなく介助できるというのはやりがいにもなりますよね。

社会の役に立てる

介護に限らず、福祉の仕事は社会の役に立てることを喜びとする人がとても多いです。福祉は利益どうこうを考えずに社会のために貢献できる仕事なので、利用者やそのご家族から感謝をされる機会が多いです。人や社会のために役に立っていると感じやすいことが、介護の仕事を選ぶ理由になったという人も多くいます。

ニーズが高い仕事

介護はこれからますますニーズが高まり、欠かすことのできない役割を担っています。その将来性を見通した冷静な目線で介護職を選んだ人も多くいるようです。ただし、介護をビジネスという観点で捉える感性が高ければ高いほど、現場では苦労する人が多いことは注意しておきましょう。あくまでも介護は福祉ですので、経営観点も大切ですが現場では福祉の精神がより強く求められます。

お年寄りが好き

好きなことを仕事にするということは、理想論で現実味がないなんてことも言われますが、たとえ理想論でも好きなことを仕事にできるに越したことはありませんよね。誰しもがそんな仕事をしたいと思っているはずです。そんな理想の仕事に近いと感じられる「お年寄りが好きだから」という理由で介護の仕事を目指した人もたくさんいます。
お年寄りが好きな人からすれば、お年寄りのために役立つことができる仕事はとても楽しいはずですよね。子供が好きだから保育士になったという人が多いように、介護もお年寄りが好きだからという理由は多いです。もちろん、介護は高齢者向けのサービスですが、高齢者と接するだけが仕事ではありませんので、仕事のすべてが好きという人は珍しいかもしれません。それでも、高齢者から感謝されて役に立っていると実感できれば、好きな仕事以外も苦にならないということだってあるはずです。